老眼サプリメント

サプリメントでは無理!老眼は改善できない!

サプリメントでは無理!老眼は改善できない!

 

「老眼ってこんなに面倒なことだったんだ」と、老眼になった人は実感されているのではないでしょうか。

 

今まで見えていたものは見えづらくなるし、慣れないメガネをかけると、視界が狭くなったうえに疲れます。パソコンを見る時までメガネをかけなきゃいけないのか。これまで自分もそうであったように、見えづらくなっているこの状態に対し、若い人たちは軽〜くコバカにしたりします。

 

この老眼対策として、老眼用の成分が入った目薬をさして、目のレンズの調節機能を改善させるだけでなく目の老化を防ぐ食べ物を意識して食べることが必要といわれています。

 

 

しかし、老化により硬化した水晶体を柔軟な状態に保てるような効き目があったり、予防となるような科学的根拠のあるサプリメントはまだないのだそうです。つまり老眼を改善することはできないということですね。

 

しかし、長年にわたる栄養学や臨床結果の積み重ねで、間接的に眼の老化を防いでくれる効果が期待できそうな目に良いとされるサプリメントがでてきています。要するに、これ以上、目の老化を悪化させないということですね。

 

 

老眼対策におススメの栄養素!

 

たとえば、加齢黄班変性症に関して治療に効果があったと臨床試験結果が得られているのは、ビタミンA(カロチン)、ビタミンC、E、亜鉛、銅です。かねてからパソコンを日常的に使う人達だけでなく有名な目の疲れを取ると言われているポリフェノールの一種、アントシアニンが多く含まれるブルーベリーも同様です。

 

緑黄色野菜である、ほうれんそうやニンジンなどに多く含まれるルテインも、物を見るためにとても重要な目の黄班部を保護する働きが認められています。さらにこの栄養素は、近年パソコンやスマートフォンから発する青色光(ブルーライト)をカットする働きでも注目を浴びています。

 

そしてサケやエビなど魚介類に多く含まれるアスタキサンチン、魚油に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)は、毛細血管が集中している目の網膜などの血流の流れを良くする作用があります。

 

 

こういった栄養素を普段から取り入れることで、老眼の改善とまではいかないものの、症状の進行を食い止めるような働きが期待できるだけでなく、将来的に白内障や緑内障といった目の病気にかかる可能性も下げてくれます。

 

ビルベリーで白内障も!ビルベリーの効果とは?

 

詳細は上のサイトで解説されていますので、興味のある方は参考にして頂ければと思います。

 

 

食事だけでは限界がある?

 

ただ、この中でも特に効果が高いとされている注目の栄養素であるルティンですが、1日の摂取量を満たすためには、ほうれんそう皿にひと山、ニンジン10本分という量を食べる必要があります。

 

このルティンとアントシアニン、さらに他の何種類にもわたる成分を、バランス良く意識して毎日の食事から摂取することが必要となりますが、それを食事で採るのはとうてい無理だと思えます。

 

なんとかうまくまとめて効率よく摂取したいものですが、そこでおススメなのがこれら成分が全て配合されているサプリメントです。これらの成分が含まれるサプリメントを上手く活用し、ぜひとも老眼対策に役立てていただければと思います。

 

ちなみにこちらのページでそのようなサプリメントをご紹介していますので、参考にして頂ければ幸いです。

 

老眼にはコレ!おススメのサプリメントとは!?