老眼サプリメント

老眼にいい目薬選びでおさえておくべき成分とは!?

 

 

老眼…若い方には全く関係なく、興味もない話ですね。でもご両親が最近になって、ちょっと様子が気になるという人はいるかも知れません。

 

または、目だけは健康で自信があったのに…ついにきた。という方は多いと思います。これまで何不自由なく見えていた視界がぼんやりするなんて、かなりショックです。

 

新聞を見てもパソコンを見ても文字に焦点が合わないため、以前より凄く疲れます。 よく寝る前に目薬をさしてから眠る人もいますが、あまり効き目を感じないのはもう老眼だからかもしれませんね。

 

でもそんな場合は目のピント調節機能や新陳代謝に有効とされている成分、ネオスチグミンメチル硫酸塩やビタミン12(シアノコバラミン)、活性型ビタミンB2(FAD)が含まれている目薬を選んでみましょう。  

 

 

なにやら難しげですが、目薬の有効成分の欄を確認してもらえれば分かります。(老眼で細かい字が見えない人は薬局の人に頼みましょう) 

 

パソコンに長く向う人には、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムという、目を保護する成分も有効です。老眼が始まってくると同時にドライアイの症状が起きている可能性も高いため、涙の分泌を促す成分の塩化カリウム・ナトリウムを含む目薬もお勧めです。

 

【第3類医薬品】ロートVアクティブ 13mL

新品価格
¥980から
(2016/2/16 17:28時点)

 

(おススメの目薬の一つですね)

 

老眼だから仕方がない、と無頓着に過ごしていると高齢者特有の眼病になりかねませんからね。しっかりと対策して頂ければと思います。

 

 

 

外からだけでなく内からも老眼対策を!

 

また、目薬ばかりにに頼らず老眼対策には、食生活もこれから気をつけて行くに越したことありません。

 

緑黄色野菜に多く含まれるビタミンA(カロチン)、ビタミンC、E、亜鉛。これらの栄養素に加えて、ほうれんそうやニンジンなどに特に多く含まれるルテインは、ブルーライトをカットする働きで注目を浴びています。 

 

 

さらに目の疲れを取ると言われているポリフェノールの一種、アントシアニンが多く含まれるブルーベリーもパソコンが普及し始めたころには特にはやりましたね。パソコンが日常化した最近では忘れられがちですが、お勧めな存在に変わりありません。

 

このように老眼には、老眼に適した目薬だけではなく栄養バランスに気をつけ、ビタミンAやカロチン、ルテイン、アントシアニンを意識した食生活を心がけるようにしましょう。

 

ちなみにアントシアニンやルテイン+目にいい栄養が配合されているサプリメントをこちらのページでご紹介していますので、よければご確認ください。

 

老眼にはコレ!おススメのサプリメントとは!?