老眼サプリメント

アスタキサンチンはなぜ老眼に効果的なのか?

 

老眼というのはなぜ起こるのでしょうか。

 

主な原因としては、老化によって目のレンズの役割をする水晶体の弾力性が落ち、硬くなってしまうことと水晶体を調節している目の筋肉である毛様体筋が弱るからです。

 

特に、近くを見るときは水晶体が厚くなるので柔軟性が必要となります。そのため近くが見えづらいという現象が起こりやすいです。

 

 

アスタキサンチンは老眼に良いとされていますが、人間の体そのものにとっても良い効果をもたらします。アスタキサンチンは、鮭、エビ、カニなどにふくまれる赤い色素の成分です。

 

一番大きい作用に抗酸化作用があります。人間は酸素を吸って生きていますが、酸素は紫外線や大気汚染、ストレス、食品添加物などにより体内で活性酸素に代わってしまいます。

 

活性酸素は有害なもので、老化を早めたり、がんや生活習慣病など大きな病気の要因となることが分かっています。アスタキサンチンにある抗酸化作用とは、この活性酸素を除去してくれる働きのことです。

 

 

アスタキサンチンが特に「目」にいいとされる理由!

 

老化を食い止め、健康な体を保つためには大変有効な成分となるアスタキサンチンですが、アスタキサンチンの抗酸化作用は、脳と目にはとくに細かく働きます。

 

脳や目は、人間にとって大変重要で繊細な部分なので、ビタミンなどの成分も届きにくいのですが、アスタキサンチンは脳や目を通り抜けることのできる貴重な成分だからです。

 

したがってアスタキサンチンの抗酸化作用はダイレクトに目に働きやすく、老化の進行を遅らせる効果が期待されます。硬くなった水晶体に柔軟性をあたえ、毛様体筋の衰えを食い止めてくれます。そのため老眼には大変効果的です。

 

 

アスタキサンチンと一緒にとりたい老眼にいい栄養って?

 

その他、アスタキサンチン以外に老眼に有効な成分として、ルテインアントシアニンがあります。ルテインは、目の水晶体に含まれている成分です。ルテインにも抗酸化作用があるので老眼には有効です。

 

また、老眼を進行させるものにパソコンやスマホから出ているブルーライトがあります。ルテインはサングラスのようにブルーライトを阻止してくれる働きがあるため、水晶体を光のダメージから守ってくれます。

 

 

ブルーベリーに含まれ、目にいいということが広く知られているアントシアニンですが、アントシアニンにも抗酸化作用が含まれており、老眼には有効です。

 

アントシアニンは、見たものを脳に伝える働きをするロドプシンの再合成を促す働きがあります。ロドプシンが再合成されずにいると目の疲れ、しいては眼精疲労に繋がります。これはそっくりそのまま「老眼が悪化する」とも言い換えられるでしょう。

 

ルテインやアントシアニンについてのより詳しい解説についてはこちらのページでまとめてご紹介していますので、よければご確認ください。

 

老眼で辛い…!対策は!?