老眼サプリメント

なぜアントシアニンを摂取は老眼にも効果的なのか?

 

アントシアニンは、筋疲労を抑制し、運動による過酸化脂質の増加を抑制してくれる成分です。

 

他には視覚機能を改善する効果、眼病予防効果、メタボリックシンドロームを予防する効果、花粉症を予防する効果などなど…これまでに様々な効果が確認されていますが、アントシアニンの抗酸化作用はは老眼にも良いといわれています

 

 

抗酸化作用について簡単に説明すると老化や病気の原因となる活性酸素を抑制することが出来る物質のことです。なので強い抗酸化作用は目の疲労回復、眼病予防に対して効果があるともいえるでしょう。

 

アントシアニンは主にナス、紫いもといった食品に含まれています。ナスや紫イモが紫色をしている理由を説明すると、アントシアニンが紫色だからなのです。

 

ちなみに通常のブルーベリーの場合は表面のみが紫色ですが、ブルーべりーのおよそ5倍ものアントシアニンが含まれているビルベリーの場合は中身も全て紫色になっています。つまりそれだけ多くのアントシアニンが含まれているということですね。

 

 

アントシアニン以外の老眼におススメの成分は?

 

ここまではアントシアニンについてご説明してきましたが、当然ながら目にいいのはアントシアニンだけではありません。ここで特におススメしたい成分がルテインとアスタキサンチンというものです。

 

 

ルテインは目の水晶体の黄斑部にある成分でアントシアニンと同様に抗酸化作用があります。緑黄色野菜に多く含まれていて白内障、飛蚊症の予防、他にもブルーライトによる目の疲れを予防する効果があります。

 

(アントシアニンと名前が似ていますが…)アスタキサンチンをはサケやエビなどに含まれるカロテノイドの一種で、活性酸素を消去する抗酸化作用をもつ成分になります。

 

網膜は光と色を認識する細胞が1億個以上存在し、それらの細胞が光に晒されダメージを受けます。黄斑部変性症というのは黄斑部が光によりダメージを受けてしまう病気で、症状はモノの大きさ、色が実物とは異なって見えてしまったり、モノが動く、曲がって見えるなどの症状が出てくる。

 

最悪のケースでは失明する恐れがあると言われていますが、ルテインは黄斑部変性症にも効果があり1日10mgのルテインを摂取することで症状が改善するといった研究結果もあります。

 

アメリカにおいては2007年より4,000人以上の人に6年間の臨床試験が行った結果ルテインとゼアキサンチンを摂取したことで黄斑部変性症の予防が出来ることが認証されました。

 

黄斑部変性症の初期症状の飛蚊症に対しても効果があるといわれており、目の疲れなどにはアントシアニンだけでなく、こういったルテインやアスタキサンチン、ゼアキサンチンといった成分は目のためにも普段から取っておきたい成分といえるでしょう。

 

老眼も結局は目を酷使し、目が疲れることによって症状もより進行してしまいます。老眼は結局のところ「老い」の一種なので、うまく付き合っていく必要はありますが、対策できることについてはしっかりと対策しておきたいところですね。

 

 

ちなみにアントシアニンやルテイン、アスタキサンチン、ゼアキサンチンといった目にいい成分がギュッと凝縮されているサプリメントをこちらのページでご紹介していますので、良ければ参考にして頂ければと思います。

 

老眼にはコレ!おススメのサプリメントとは!?